男性と女性

地盤調査の重要性!いつ起こるかわからない地震に対抗するために

訴訟毎にしないため

作業者

土地を売買する場合、土壌汚染調査をやってから手放すのがおすすめです。調査をして、安全な土地と判明したら土地購入希望者も安心して購入手続きが取りやすくなりますよ。

もっと読む

所有者の義務事項

模型

普通の生活用の家や投資物件、仕事のための物件を所有している以上、防火対象物点検を行なうのが重要です。いつ起こるかわからない火災のリスクを少しでも軽減するためにも、細かくチェックしましょう.

もっと読む

土台の強さを計測

工事現場

家を建てても、安心して生活ができるとは限りません。なぜなら、突発的に地震災害の影響で地盤が崩れてしまうこともあり得るからです。地震災害によって、地盤が崩れて大規模な土石流が発生して複数の家が崩れ去ってしまったというニュースが報道されたことも考えると、地盤の調査は重要です。購入した土地の地盤は本当に強固なのかを確認するために、義務事項である地盤調査は徹底的に行ないましょう。

地盤調査は、家を建てる前に必ず行なわなければならない義務です。住宅施工に関する法律で、家の瑕疵が発覚したら10年ほどは保証しなければならないという法が制定されているからです。地震災害が頻発する我が国日本では、家の土台である土地が強固であるかを把握しておかなければならない重要な調査です。調査を行なうタイミングとしては、新築施工をする前、自身が所有している土地に家を建てる前に行なうことが多いです。

地盤調査は、主にボーリング調査、表面波調査を遂行します。ボーリング機器を用いて、地中の地質を調査して、柔らかな土だけで構成されていないかをチェックします。表面波調査は、人工的に小さな地震を発生させて振動が伝わる速さを調査するものです。波が伝わる速度を複数回計測して、地面の硬さを明らかにします。二つの調査を契約前に行なっておけば、少なくとも家を建てる予定の土地は地震災害に強いのかを明らかにできます。もしくは、地震災害の対策のために住宅施工で追加作業を依頼しやすくなります。

国家機関の検索サイトで

工事

住宅を持つ前に、地質調査をしておいた方がいいですよ。家の土台となる土地の丈夫さと、含まれている物質について細かくチェックするために、国交省に登録されている業者を探し出しましょう。

もっと読む