所有者の義務事項|地盤調査の重要性!いつ起こるかわからない地震に対抗するために
男性

地盤調査の重要性!いつ起こるかわからない地震に対抗するために

所有者の義務事項

模型

防火対象物点検を行なう必要がなぜあるのかが気になりますか。単純なチェックなら、セルフでできるから問題なさそうに思われがちですが、建築物を所有している以上、防火対象物点検は重要なものです。なぜなら、消防技術が発達した現代でも火災は起こります。消化要請を消防署にお願いしても、時間帯によっては到着が遅れてしまいます。それに、天候の影響によって火災の範囲を拡大させてしまうこともあり得ます。最近でも、風の影響によって大規模な火災が起きてしまいました。未然に火災のリスクを軽減させるためにも、防火対象物点検を行なっておくのが重要なのです。

防火対象物点検は、いわゆる自身が所有している建築物を自身の手で守ることに主軸を置いています。防災管理に関する自主性を高めて、日常に潜んでいる火災リスクを少しでも軽減させるのを目的としています。何かしらの建物を所有している場合、所有者は定期的に防災対象物点検資格を取得している人に管理に関することや点検に関することの報告を行なわなければなりません。

主に、防火対象物点検で行なうものは、防災管理者の選任と、計画書の提出、避難通路や避難口、防災扉の管理に関することです。また、消防用設備の設置状況と管理状況に関する報告なども重要です。地域の行政機関が定めている消防法の規定をちゃんとクリアしているかを示すには、欠かせないので一般の住宅は勿論ですが不動産投資用の物件も細かくチェックしておきましょう。